TOP

アルバイト採用

アルバイト定着

外国人アルバイト

HR NEWS

セミナー
KEYWORD
採用代行アルバイト採用率料金表アルバイト面接コロナ禍採用離職率

アルバイト採用で今話題のジョブオプライトとは?無料で自社の採用HPが持てる?!

2020.11.02

この記事を読んで頂いているアルバイト採用担当者様の会社では、自社の採用サイトはお持ちでしょうか?
昨今、求人広告に頼らないオウンドメディアを活用した採用活動が注目されています。
とはいえ、「自社採用サイトを作るにはお金がかかるし…」
「自社採用サイトってちゃんと求職者にみつけてもらえるの?」と思われるかもしれません。
今回はそんな方におススメしたい「ジョブオプライト」や「Liteブースト」について
詳しくお伝えします!

ジョブオプライトやLiteブーストについて詳しく聞きたいあなた!
無料相談受付です!いますぐノーザンライツまでご連絡ください。

お問い合わせはこちら

ジョブオプLiteとLiteブースト、indeedのそれぞれの特徴は?

ジョブオプLiteは無料採用支援ツールです。リクルートグループが運営するツールになります。
なぜ最近ジョブオプLiteが注目されているかというと、自社で持っている採用サイト「オウンドメディア」を使った採用手法が注目されているからです。
オウンドメディアは求人広告と違って掲載コストがかからず、情報を発信し続けられるメリットがあります。
また、自分たちで発信する情報を選択できるのも魅力の一つです。
ここではそんなオウンドメディアを無料で開設できるジョブオプLiteやお得な商品Liteブースト、
大規模求人検索エンジンindeedについて詳しくお伝えします。

自社採用HPやindeedについてお困りの事がございましたらお気軽にお問い合わせください!

お問い合わせはこちら

ジョブオプLiteとは?

ジョブオプLiteはリクルートグループが提供している完全無料の採用支援ツールで、
簡単に自分で自社採用ホームページが作成できるものです。
アカウント登録をして、デザインを選択して、あとは掲載したい求人情報を作って公開するだけ◎
採用ページは通常、ホームページ制作会社や広告代理店などに依頼すると、数十万かかりますし、コンテンツを豊富にしたりSEO対策をしたりすると、数百万になってしまうことも…
製作期間も長くかかってしまいますし、大手企業ならまだしも、1店舗のみのお店や小規模の企業ではなかなか手が出せないという声も多く耳にします。

ジョブオプライトならそんな自社採用サイトが無料で作成できます。
フォーマットは定型になっていますが、数十種類から選べますし、なによりフォーマットになっているので、ネットにあまり詳しくない方でも作成することができます。
「求人広告に詳しくないから何を書いたらいいのか…」という方もご安心を◎
フォーマットには職種や勤務地、給料などの項目があり、その項目を埋めていくだけで求人原稿を掲載できます。
求人広告の媒体に掲載しようとすると、早くても1週間後や2週間後になってしまうこともありますが、ジョブオプLiteなら公開、非公開も自由に設定ができます。
そのため、必要な時に掲載することが可能なんです。

さらにこのジョブオプLiteで掲載した求人原稿は、大規模求人検索エンジンindeedにも
掲載されます。無料でここまでできるものがあるなんて、驚きですよね!

次に、自社に採用サイトがない方にさらにおススメなLiteブーストについてお伝えします。

Liteブーストとは?ジョブオプLiteとの違いは?

ジョブオプLiteが開設できる商品は今まで2つありました。
一つはタウンワーク・ジョブオプLite・indeed有料掲載がセットになったもの。
もう一つは上記からindeedの有料掲載がなくなったものです。
今まではタウンワークの掲載が必須だったため、広告掲載料がかかるのがデメリットでした。
今回お伝えするLiteブーストは、ジョブオプLiteとindeedの有料掲載がセットになったもので、
求人広告の掲載料がかからず、少額で始められるのが大きなメリットとなります。

そんなLiteブーストには下記の特徴があります。
・自社採用サイトとしてジョブオプLiteの開設ができる
・最初の1本の原稿はプロの制作が作成するためクオリティの高いものが掲載できる
・indeedにはジョブオプLiteの求人のみ掲載可
・最低1つから掲載でき、原稿作成は手作業になるが、後から求人を追加することもできる
・少額掲載できる
・掲載期間は2週間

最初の1本の原稿はプロの制作が作成して、自動でジョブオプLiteとindeedに掲載されます。
求人広告作成に不安をお持ちの方も安心です◎
気になる金額ですが、indeedの有料掲載での集客力によって金額が変わります。
掲載金額は2万円、3万円、4万円から選べます。
求人広告に掲載するよりも少額ですし、「indeedや自社サイトを試したい」という方に
おススメです◎

通常Indeedで出来ることは?

Indeedは求職者からすると大規模求人検索エンジンですが、
企業側からすると無料で簡単に求人情報を掲載でき、原稿をいつでも変更できる便利なツールです。

通常indeedは下記の特徴があります。
・ジョブオプライト以外のサイトも掲載可
・たくさんの求人を掲載できる(エクセルの原稿複製が容易)
・チャージ12万円から
・掲載期間は任意
・クリック単価を任意で調整できる
・求人グループを作成しグループそれぞれのクリック単価を任意で設定できる
・CMPP利用可能

既に採用サイトをお持ちであり、活用していく場合は通常indeedを推奨します。
また、Liteブーストでは通常indeedで出来るクリック単価やキャンペーンの設定ができないため、
効果改善は基本的に原稿内容の改善のみになります。
そのため、クリック単価やキャンペーンの設定で求人内容や原稿内容以外で
テクニカルに応募数や応募単価の効果改善を目指す場合は通常indeedがオススメです。

Indeedを利用する上で気を付けたいのが、しっかりPDCAを回すという事です。
たとえば「1週間掲載して、なかなか効果が得られない・・・・・・」そんなときは
そのまま掲載しっぱなしは厳禁です。
原稿の打ち出し方を変えて再度掲載をして、また効果を見直していくことが重要です。
まずは自分でやってみるのがいいかと思いますが、行き詰ってしまったら
プロの意見を聞いたり、運用を依頼するのも一つの手かと思います。

Liteブーストと通常indeedの有効的な活用方法!

上記でジョブオプLiteやLiteブースト、indeedについてお伝えしましたが、違いやメリットは
わかりましたでしょうか?
ここからは実際に「こんな場合はLiteブーストがおススメ」であったり、Liteブーストを初めて
利用した企業の効果事例をお伝えします。

・自社採用HPの集客数を増やし採用コストを削減したい
・採用する人材の質を上げたい
・コロナ禍浮かび上がってきた新たな採用課題に対しての打ち手を考えている

そんな採用ご担当者様はお気軽にお問い合わせくださいませ!

 

無料相談はこちら

こんな場合はLiteブースト or indeedで!

【ジョブオプLite】
・とりあえず無料で自社サイトを作りたい
・indeedも試してみたいけどお金はかけれない
とにかくお金はかけれないど試してみたいという方はまずはジョブオプLiteだけ活用するのも
手です◎
ただし原稿は最初からご自身で作成することになるので、同業他社の求人広告を見たり、
相場を知ったうえで作成することをおススメします。

【Liteブースト】
・少額で効果が出やすい求人広告をIndeedに掲載したい
・ついでに自社採用サイトもないから作りたい
・ジョブオプLiteは利用していてもっと活用したい
・最初はプロに原稿を作ってほしい
少額で採用したいけど求人内容にこだわりたい方や、店舗が少ない・小規模企業の方、
indeedの有料掲載を試したい方はぜひLiteブーストを試してみてください◎

【Indeed】
・すでに採用サイトは持っている
・多店舗展開をしている
・原稿改善以外で効果改善をしてコスト削減につなげたい
中規模から大規模企業で、すでに採用サイトがある場合はIndeedのみ活用するのがおススメです。
人事担当が一人でPDCAを回しながら運用するのはなかなか大変なので、人事担当複数人で
運用していくのがいいと思います。
どうしてもそこに人をさけない場合は、広告代理店に運用をお願いするのも手です。

Liteブーストの効果事例を記載

Liteブーストがお得でメリットたくさんな事はおわかりいただけたかと思いますが、
気になるのはどれぐらい効果があるかですよね?
ここでは実際にLiteブーストを活用した企業の効果事例をお伝えします。

【関西アパレルA社】
掲載期間:9/21~10/4 雇用形態:アルバイト・パート
効果:2応募
何度もタウンワークを掲載していたが、0応募の事も多々。
今回はタウンワーク掲載なしで2応募獲得。

【関東警備H社】
掲載期間:9/14~9/27 雇用形態:アルバイト・パート
効果:11応募
6月のコロナ渦で応募者が増えているときにタウンワークを掲載し、
12応募だったが、同等の応募がきている。

【関西飲食店K社】
掲載期間:9/21~10/4 雇用形態:アルバイト・パート
効果:5応募
オフィス街ということもあり、コロナ前は何に掲載しても全く応募がこなかった。
5応募でも大健闘。

【関東介護Y社】
掲載期間:9/14~9/27  雇用形態:社員・パート
効果:1応募
もともと介護業界は採用が難しい中、タウンワークを何度か掲載。
0応募のことも多かったが、今回は1応募きている。

応募数は業界によってばらつきがありますが、効果はあったといえるでしょう。
人材の応募・採用単価は年々高騰していると言われており、アルバイトの採用単価は
1人につき約6万と言われています。(コロナ禍では1/2~1/3以下に減少中)
中途社員だと50~100万ぐらいかかるとも言われているので、少額でこの応募数がくれば
コスト削減にも繋がりますし、随分お得だと言えるでしょう◎

ジョブオプLiteやindeedを活用してネットでの採用活動を強化して、困ったらしっかりサポートしてくれるプロに依頼しよう!

今回は
「無料で自社の採用ページが持てる?!ジョブオプライトとは??」
についてお伝えしてきましたが、メリットやデメリットはわかりましたでしょうか?

◆発信できる情報が選択できるオウンドメディアでの採用活動が注目されている
◆少額で自社採用ホームページが持て、indeedにも掲載されるLiteブーストがお得
◆すでに自社採用ホームページを持っている場合は通常indeedを活用
◆indeedをしっかり運用しようと思うと難しい→プロに依頼するのも視野に

上記を踏まえて、
今必要なのは自社採用ホームページなのか、indeedなのか一度ご検討ください!

「内容はわかったけど、ちゃんと運用できるか不安…」と思われた方はLiteブーストも通常indeed、どちらもアルバイト採用に特化したノーザンライツならしっかりサポート◎
気になった方はまずは気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせはこちら
LP誘導バナー
この記事をSHAREする
アルバイト採用TOPに戻る

【アルバイト採用への影響は?】コロナ禍における求人マーケット推移と今後 コロナ禍におけるアルバイト採用での雇用調整助成金活用・アルバイトへの休業対応 アルバイト採用の募集期間!夏休みなどの繁忙期に採用するタイミングとは? アルバイト採用における正しい残業代計算方法と考え方は?知らなかった・・・では大問題!労働基準法に定められた内容に沿ってポイント解説! 【アルバイトの採用時期】いつから採用活動始める?複業時代の働き方やコロナ禍の求職者の動向とは?<7~9月編>