INTERVIEW

お客様の選択肢に
「まずはノーザンライツさん」という項目を
作り出し、頼って頂けるよう、日々誠実でいたい。

小松果歩CS 2019年入社

働きやすい環境作りはまず“人”から。
それを一番実感する職場。

前職では郵便局の窓口業務をしていました。特に“求人広告代理店”というものに興味があったわけではなく、ノーザンライツ自体は転職先を探している時に求人サイトを通じて知りました。窓口業務をしていた際にお客様から「ありがとう」と言われる事が多くあり、感謝される仕事、誰かの助けになる仕事をしてみたいと思い『営業事務』という括りで検索して出てきた会社に応募しました。
広告代理店というと少し堅そうなイメージがあったので不安でしたが、いざ面接に行ってみると面接官の社員さんお二方の対応が凄く良く、楽しかったのを覚えています。
面接の最後に「この会社の良いところはどこですか?」という質問をさせていただいた時に、お二人とも「人です!」と仰られて、その瞬間、ここで働いてみたいなと思ったのが入社したキッカケです。

「ひとりで仕事をしているわけじゃないんだ」
という人と人との温かさがある。

CS部では、大手企業様を中心に短期~長期的な採用計画を立て、お客様に提案するといった動きが主になります。また、ノーザンライツではやりたい事・挑戦したいと思った事は話を聞いてくれる社内環境があります。私はCSとして入社して1年程経ってから『CS』と『庶務』の二足の草鞋で業務をさせていただいており、社内社外とより多くの方と関わるようになりました。様々な方と関わるお仕事では、時として思わぬ事も起きます。以前、私が担当するある企業様の担当者の方が産休に入られる際に「今までは自分でやっていた採用設計などの業務をノーザンライツさんにやっていただけた事で、自分の時間が空き、キャリアアップに繋がりました。本当にありがとうございました。」と感謝の言葉を頂きました。 この言葉を聞いた時、やりがいというか、普段仕事をしていて求職者と会社を繋げるという事だけでなく、お客様のキャリアアップまでも手助けをする事が出来たという事がとても嬉しかったです。
これも、業務がひっ迫していた時に気にかけてくだったり、落ち込んでいる時に気づいて話を聞いてくださったりと様々なフォローをしてくださったみなさんのおかげで得られた結果で、こういった経験を通して改めて『人の良さ』を実感しました。私一人ではCSも庶務も両立は出来ていなかったと思います。

MESSAGE

私がみんなに助けられてきた分、みんなを助けられる存在になりたい。

今後仕事をしていく上で、やはり「お客様の支えになりたい」というのが一番にあります。
お客様の抱える様々な課題を解決へと導き、人材採用の相談はノーザンライツさんに!と思っていただけるように。ノーザンライツで働き始めてから日頃感謝される事が多くなり、お客様はもちろん、社内で電話一つ取っただけでも「ありがとう!」と声を頂きます。こういった日々の感謝に応えられるよう、今後とも誠実に仕事をしていきたいです。

INTERVIEW

齋藤 拓(2011年入社)NLiss営業
齋藤 拓(2011年入社)
more
柳橋 郁未(2012年入社)営業
柳橋 郁未(2012年入社)
more
真田 勇気(2016年入社)営業
真田 勇気(2016年入社)
more

採用ページにお越しいただきありがとうございます。
皆様のご応募お待ちしております。

募集職種一覧はこちら