2019年6月25日

アルバイト採用時の面接と定着に向けた取り組み事例について

アルバイトの採用率ってどのくらいが平均でしょうか?

応募がたくさんあっても面接になかなか来てもらえない、、
内定を出しても承諾してもらえない、、 といったケースが数多く見受けられます。

アルバイト採用市場においても近年の高まる有効求人倍率の影響もあり、
「求職者を選ぶ時代」から『求職者に選ばれる時代』へと変化しております。

求人サイトで好みの条件を入力し、出てきた検索結果の求人であればどこでも良いと言った求職者も中にはいるようなので、先ずはレスポンスの早い気持ちの良い対応と早期面接設定を徹底する事が競合他社より一歩リード出来るポイントになります。

また求職者はお店や面接担当者、従業員の雰囲気なども含めて働く環境をチェックしていますので、お店のすべてのスタッフに当日面接が実施される事を周知しスタッフ全員で歓迎ムードを作る事が大切だと言えます。

また面接時においても面接担当者は「選ばれている意識」を持ち、求職者から「どのように見えているか」を大切に対応を行う必要があります。

スタッフの出迎えから面接場所や面接官の清潔さも意識頂きたいポイントとなりますので、ご注意ください。

先日、ノーザンライツではある飲食チェーンクライアント様の店長会議時にお時間を頂き、
上記面接のポイントや定着に向けた取り組みについて「感動面接」のご紹介や求職者のホンネ、他社取り組み事例について講習させて頂く機会を頂きました。

弊社では求人広告を出す事が目的では無く良い人材が採用出来、定着して活躍する事が目的の中といった意識を持ちながら企業様の採用活動の成功の為に総合的なご支援をさせて頂いておりますので、人材に関する課題があれば何なりとご相談下さい。

ニュース一覧へ

アルバイト採用・外国人採用のことでお困りの時はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・ご相談はこちら

Service